片岡 光彦
教授

博士(国際開発)名古屋大学

片岡 光彦教授

博士(国際開発)名古屋大学

戦後日本やインドネシアを中心に、東アジアの開発途上国を対象に経済成長や生産要素の地域間不均衡をテーマに地域マクロデータを使った研究をしています。講義では統計学や計量経済学の分析手法を紹介しながら、統計ソフトStataとデータを使って、実際に手を動かしながら経済的な事象の解明を試みます。

専門分野

地域経済学 開発経済学

所属

国際経営学科
経営学研究科 国際経営学専攻博士課程前期課程
経営学研究科 経営学専攻博士課程後期課程

学歴

中央大学 法学部 政治学科 卒業
国際大学大学院 国際関係学研究科 国際開発プログラム(修士課程) 修了
名古屋大学 国際開発研究科 国際開発専攻(博士課程)修了

主要な研究業績

Kataoka, M., 2021 Perspiration versus inspiration: sources of national and provincial output growth in Indonesia [1990–2015] using province-level non-parametric frontier analysis, Asia–Pacific Journal of Regional Science 6: 113–139 (Springer, Japan section of Regional Science Association International)
Mendez, C., Kataoka, M., 2020 Disparities in regional productivity, capital accumulation, and efficiency across Indonesia: A club convergence approach, Review of Development Economics (Wiley)
Kataoka, M.. 2020 Total factor productivity change in Indonesia's provincial economies for 1990–2015: Malmquist productivity index approach, Letters of Spatial Recourse Science 13 (3): 233–243. (Springer, Regional Science Association International)
Kataoka, M., 2019 Interprovincial differences in labor force distribution and utilisation based on educational attainment in Indonesia, 2002–2015, Regional Science Policy & Practice 11 (1): 39–54 (Wiley, Regional Science Association International)
Kataoka, M., 2018 Inequality convergence in inefficiency and interprovincial income inequality in Indonesia for 1990–2010, Asia–Pacific Journal of Regional Science 2: 297–313 (Springer, Japan section of Regional Science Association International)

アワード・ファンディング

日本地域学会「2021年度第30回大石泰彦賞(論文賞)」受賞
基盤研究C 21K01469 研究代表者:片岡光彦 研究期間:2021年度―2025年度 研究課題:地方分権後の地域住民の生活水準の変化:インドネシアの地域データを用いた実証研究
基盤研究C 17K03723 研究代表者:片岡光彦 研究期間:2017年度―2021年度 研究課題:インドネシアとフィリピンの地方分権と自治体の行政サービスの効率性に関する研究
基盤研究C 26380308 研究代表者:片岡光彦 研究期間:2014年度―2016年度 研究課題:要素賦存量の地域間不均衡と経済成長
日本法制学会 財政・金融・金融法制研究助成金 研究代表者:片岡光彦 2014年度 研究課題:インドネシアの地域別社会資本ストックの推計と生産力効果の検証
インドネシア国Padjadjaran大学共同研究助成 代表Kodrat WIBOWO教授 2012年度 研究課題:Economic growth and resource allocation in Indonesia’s Provinces
野村財団 海外渡航研究報告助成 研究代表者:片岡光彦 2010年度 研究課題:インドネシアの経済成長と地域構造の変化

社会活動

公益法人九州経済調査協会 研究委員