村嶋 美穂
助教

博士(学術): 早稲田大学

村嶋 美穂助教

博士(学術): 早稲田大学

社会における企業の役割・影響や企業と社会の相互関係を明らかにすることを主な研究対象としている。具体的には、企業の社会的活動が投資家行動や消費者行動に与えるインパクト(企業側のベネフィット)や地域社会に与えるインパクト(社会側のベネフィット)を実証分析により解明している。

専門分野

企業と社会、CSR、開発経済学

所属

経営学科
経営学研究科 経営学専攻博士課程前期課程

学歴

慶応義塾大学経済学部 卒業
Columbia University, School of International and Public Affairs, Program for Economic Policy Management(修士課程) 修了
早稲田大学アジア太平洋研究科博士後期課程 修了

主要な研究業績

Murashima, M. (2020). Do investors’ reactions to CSR-related news communication differ by shareholder? An empirical analysis from Japan. Corporate Governance (Bingley), 20(5), 781-796.
Murashima, M. (2020). CSR Activity, Visibility, and Firm Value in the Long Term: Evidence from Japan. Asia-Pacific Social Science Review, 20(4), 1-16.
Murashima, M. (in-press). Comparative Study on Business Culture and Investors’ Behavior Toward Sustainable Index Change: Japan vs the US, Europe, International Journal of Business and Globalisation
Murashima, M (2019). Does CSR benefit firms in Japan?-Comparisons with investors’ behaviors in the US and Europe-. GSAPS Journal, 39-55.
Murashima, M. (2021). "Chapter 5: How Do Japanese Investors Respond to Gender-Related News Communications?". In Eweje, G. and Nagano, S. "Corporate Social Responsibility and Gender Equality in Japan". Springer.

アワード・ファンディング

科研費:研究活動スタート支援「感染症流行が企業のCSR活動に対する投資家の投資行動及び企業評価に与える影響」(2020‐2021)
科研費:若手研究「感染症流行が社会的責任活動を行う企業に対する消費者の購買行動及び評価に与える影響」(2021 – 2023)

社会活動

早稲田大学地域・地域間研究機構 招聘研究員(2021 - 現在)

Scientific Committee Member: The International Scientific conference EMAN (2021 ー 現在)

財団法人CSOネットワーク(ボランティア)

インタビュー・メディア

The Asia-Pacific Social Science Review:掲載論文の概要説明

著書

大野泉、大野健一、村嶋美穂、他(2015)『町工場からアジアのグローバル企業へー中小企業の海外進出戦略と支援策』、中央出版

Murashima, M. (2021). "Chapter 5: How Do Japanese Investors Respond to Gender-Related News Communications?". In Eweje, G. and Nagano, S. "Corporate Social Responsibility and Gender Equality in Japan". Springer.

村嶋美穂(2021)、「新型コロナウイルス感染症流行と企業の「レジリエンス」―社会的評価の高い企業が生き残る」、『CSR白書2021』p152-161、東京財団政策研究所

動画